Site map

ザ・ロスト・シンボル 概略

ロスト・シンボルとフリー・メーソンリーの評価と解説!

ロスト・シンボルのあらすじが判明しましたね。
書籍もすでに発売されて書店に並んでいます。あのダン・ブラウンがついに、フリー・メーソンリーを扱いましたから、これはもう大きく期待しましたね。

しかし、残念ですが、結論から申しますと期待は大きく裏切られ私の付けた評価点は15点です。

そして、私はまだこのロスト・シンボルを購入していません。書店で軽く立ち読みしたらもうほぼ理解してしまいました。もう流石にロバート・ラングドンシリーズも3部作ともなるとストーリー展開とキーパーソンの存在と役割が「すべて丸ッとすっきりお見通しだ!」の世界です。所謂パターン化されてしまいましたね。ま〜それはこういったライトノベルで推理小説では仕方ないですけれどね。「何とか警部シリーズ」とか「京都殺人案内」とか・・・、だからそれはいいんですよね。

問題は、ずばり「フリー・メーソンリー」の扱いなんですよね。
結局、ハリウッドの三文娯楽超大作レベルの仕上がりで、大衆操作のプロパガンダ作品だということが判ったからです。

そんな文学的に文章を味わうほどのものでもないし、前作「天使と悪魔」ほどのカメルレンゴの心理と生い立ちを考えるとか、「ダ・ヴィンチ・コード」の中のシラスほどの魅力的な登場人物も見当たらない作品のようです。因みに、CIA局長のイノウエ・サトウ(Inoue Sato)なる人物の名前には笑いました。下調べ位しろよな、ダン・ブラウンよ!
らしくないな〜!

さて、内容ですが、どう考えても、「フリー・メーソンリー」をモチーフとして扱うには、軽過ぎて「フリー・メーソンリー」の何たるかは全く、これっぽっちも追求していません。

この三文娯楽超大作の映画がまた制作されるのでしょうが・・・、今回の出版時の大騒ぎでさも「フリー・メーソンリー」の凄い秘密とか、アメリカ建国での、まだこれまで発表された事のない説とか情報がダン・ブラウンから提供された訳では全くありませんから、・・・、完全な大衆に間違った「フリー・メーソンリー」のイメージを植えつけるものです。

★特に、アジアなどの欧米に情報と歴史に疎い地域の大衆操作にはもってこいですね。
「フリー・メーソンリー」なんて、別に秘密結社だろうがなんだろうが、あまり我々には関係ないし、そんなに悪い連中ではないんだろう・・・というイメージですね。

確かに、フリー・メーソンリーの1階位から30階位までは、結社の存在意義と悪魔信仰など全く知らないし、信じてもいませんがね。

★問題は、31階位、32階位、33階位の上3階位に上り詰めた連中が、政治、経済、大衆操作、更には扮装と民族問題、病気の蔓延など・・・、さまざまなこの世の治世に絡んでいるという事実を認識しなければならないのです。

★だから、こんなしょうもない宝探し的な「ロスト・シンボル」なんか読んでも、映画を観ても何の価値もありません。

あのう最初からこの小説は、フリー・メーソンリーというキーワードは単なる話題ネタで、ただの題材として扱っただけです・・・と一筆断りが入れてあれば、面白いライトノベルの推理小説ということで評価できるのですが、あの仰々しい出版のセレモニーや規制、更にはお馬鹿な評論家達がフリー・メーソンリーの謎解きをしているなどと・・・、とんちんかんな評価をしているものですから、私は15点を付けます。高過ぎるかな!?笑い^^!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。この情報はお役にたちましたでしょうか?それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。それでは御機嫌よう!

ザ・ロスト・シンボル 概略

ロスト・シンボルの登場人物達!

ロスト・シンボルの登場人物達が判明しました。

ダン・ブラウンのロバート・ラングドンシリーズも早3作品目ですね。ロスト・シンボルの書籍も発売されてから、2月位経過しましたでしょうか。

内容は、私に取っては期待外れの駄作の評価をすでに立ち読みで下してしまいました。
しかし、驚いたのはどうもCIAの局長という設定の人物、アメリカのワシントンD・Cでの事件に登場するCIAの局長ということになるとかなりのキャリアになりますね。
その人物が、どうも日系人らしいんですよね。

その名前が、「イノウエ・サトウ」と云うんですが?

ダン・ブラウンともあろう者が、幾らなんでも日本人の苗字を二つ並べるというミスをするとは!?それは不味いんじゃないでしょうか?

決定する前に、誰かに確認しろよ。ダン・ブラウン!?
もうがっくりですね。

参考までに、一応登場人物達を紹介しておきたいと思います。

【 ロスト・シンボルの登場人物 】

ロバート・ラングドン ハーヴァード大学宗教象徴学者
キャサリン・ソロモン博士 認知科学者
ピーター・ソロモン フリーメイソン会員(33階位)
マラーク(Mal'akh:悪霊の意) 刺青の男
イノウエ・サトウ(Inoue Sato) CIA局長(どういったポジションかは不明)
トリッシュ・ダン キャサリンの助手

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。この情報はお役にたちましたでしょうか?それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。それでは御機嫌よう!

ザ・ロスト・シンボル 概略

ロスト・シンボルのあらすじとストーリー展開を推理する。

ロスト・シンボルのあらすじとストーリー展開を推理してみました。
ロスト・シンボルの日本語版が3月3日に発売決定が決定されましたね。

ロバート・ラングドンシリーズもいよいよ定着し、後三作はいけそうな気がしますね。以下、日本語版発売の公式サイトですが、あまり大した情報はありませんが面白いキーワードを発見したので、軽くあらすじとストーリー展開を推理してみました。

★「ロスト・シンボル」日本公式サイト
http://www.danbrown.jp/thelostsymbol/

ま〜注目すべきは、4つの「ロスト・シンボル」の奇妙な事実でしょうか!?

【 4つの「ロスト・シンボル」の奇妙な事実 】

1、現在も行われているという「第五の献酒」という髑髏(どくろ)の杯ワインが飲まれる儀式ですかね。これは、エール大学内のスカル&ボーンズでも行われているらしいんですがね。

髑髏(どくろ)の杯に関しては、古くは、日本の源氏系の武将も行っていたので別に驚きませんし、保管している寺社も存在します。フリー・メーソンリーの儀式では別に目新しいものではありません。

原作と映画(まだです)の中では、第6代大統領のジョン・クインシー・アダムスによる「フリー・メーソン団に関する書簡集」というのがモチーフで引用される様です。

しかし、アメリカでフリー・メーソンリーをシームとして扱うなら、33位階のトップであった「アルバート・パイク」を扱わなければいけませんが、これまでのハリウッド映画では、先ずこの「アルバート・パイク」が出てきませんね。

★という事は、所詮ダン・ブラウンは「奴ら」の手先であり、世界中の民衆にフリー・メーソンリーの誤った印象を植え付けるのが狙いであると判明する訳です。「奴ら」とは、フリー・メーソンリーなどのまだ上の組織の連中の事です。

ダン・ブラウンのロスト・シンボルなど推理小説がお好みの読者の方にはちと難しかったですかね。
  
2、ワシントンDCのある神聖な建物内の建造物の正面には、不気味な彫刻が存在する。まるで、あのダース・ベイダーにそっくりの像が!?

これは、知りませんでしたね。初耳でしたね。笑い^^!
3、世界最大の博物館。
  ご存知ですか?スミソニアン博物館。これも常識です。例えば、ハリウッド映画によくそれを暗示するが如く巨大な倉庫内の画面が登場しますよね。インディー・ジョーンズシリーズやコメディタッチのSF系映画のラストシーンではもはやお決まりですね。日本に原爆を落としたエノラ・ゲイ号やゼロ戦、更には戦後まもなく通称仁徳天皇陵(現在、大仙古墳群)を調査した際に略奪した宝物や出土品なども保管されています。

因みに、地上の巨大な倉庫群以外にも、秘密の地下倉庫群の存在が問題視されます。ま〜人類史がひっくり返るお宝や資料が山の様にある訳です。

因みに、パリのルーブルもロシアのそれも、中国と台湾の故宮博物館なども確かに巨大で素晴らしいですが、ケチをつける訳ではありませんが芸術品ばかりです。笑い^^!

我々が望む歴史資料は、このスミソニアン博物館の秘密の地下倉庫群に存在します。

因みに、ニューヨークは、世界最大の博物館であり、メトロポリタン、グッゲンハイム、ニューヨーク市立美術館と目白押しです。

4、1991年、CIA長官の金庫にある文書が保管されていたそうです。何をいまさら・・・という感ですが、一応小説でストーリーがあるものですから、起点を作らなければいけません。笑い^^!

ま〜ということで、1991年、CIA長官の金庫というのがキーワードになっています。
それで、その文書は暗号で記載されて、「古(いにしえ)の門」や謎の「地下の場所」について記述されているそうです。

その記述の中には、「特定の場所に何かが埋められている」ことを指示代名詞を使い記載した一節があるとか・・・!?

そして、推理です!

★ということは、暗号はすでにCIA関係の力によって解読されている訳ですね。で、その場所というのは、エルサレムとかではなく、アメリカのワシントンDCか、ニューヨークのスミソニアン博物館のどこかを意味し、暗喩しているという展開でストーリーは進むわけですな。

エルサレムは前作「ダ・ヴィンチ・コード」とも関係し、「テンプル騎士団」とも関連します。

歴史上、「テンプル騎士団」と「フリー・メーソンリー」も密接に関係します。当然「イルミナティー」もそうです。この辺りはとても紙幅が足りません。解散命令、融合、拡散、解体、吸収を繰り返していますが、その各秘密結社のトップは変らないのが実体です。

それは、偽物のユダヤ人達であったり、ウインザー王家(イギリス王家)であったり、出自を隠したアメリカのユダヤ系WASPだったりします。

★恐らく、原作の冒頭、この1991年、CIA長官の金庫の中の解読された文書を目にした人物が外部に情報を漏らし、それをフリー・メーソンリーの儀式や当時の歴史的見地から確信した人物がそれを探すんですが結局行きつまり、最後の肝心の部分の解読か解釈にロバート・ラングドンを利用しようと画策するのではないかという事ですね。

あらっ、もう目次だけ見たら読まんでも判りますね。

★問題は、ヒロインなんですが、恐らくCIAのエージェントの女性ではないでしょうか。それか、ひょんな出会いからロバート・ラングドンに協力するスミソニアン博物館の資料室関係の係員か、案内係りの女性で決まりでしょう。

★何となく、所詮は、フリー・メーソンリーの残したお宝探しの推理で終ってしまいそうですね。そうでない歴史を揺るがす強烈なメッセージを期待したいところなんですがね。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!

ザ・ロスト・シンボル 概略

ロスト・シンボル 日本語版3月3日発売決定!

ロスト・シンボルの日本語版が3月3日発売が決定しました。
いよいよロスト・シンボルの日本語版が発売されますが、楽しみですね。

世界では、ドイツが一番早いようですが、ちょっと発売元ははしゃぎ過ぎの様な気がしますね。これだけもったいないつけて大した内容でなければ笑われますが!?

詳細は、以下のサイトで確認出来ます。

★「ロスト・シンボル」日本公式サイト
http://www.danbrown.jp/thelostsymbol/
ザ・ロスト・シンボル.jpg


最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!

ザ・ロスト・シンボル 概略

ザ・ロスト・シンボル あらすじ

ザ・ロスト・シンボルのあらすじについてご紹介したいと思います。
原作ダン・ブラウンのご存知ロバート・ラングドンシリーズの第3弾になります。
ま〜正直、フリー・メーソンリーについて詳しい人間に取ってはどれだけ知的欲求を満足させてくれるものかが問題なんですが、恐らくこの「ザ・ロスト・シンボル」では、その期待は間違いなく裏切られるでしょう。

基本的に、フリー・メーソンリーの根本的な問題や謎を解くのに、アメリカだけで騒いでも無理でしょう。もちろんアルバート・パイクの存在は大きいのですが、下らない謎解きと殺人事件が上手く混ぜ合わせられたサスペンスで終るでしょう。

前回の、「ダ・ヴィンチ・コード」は、キリスト教世界に一石を投じたという意味では価値がありましたが。

ダン・ブラウンの目的は、下らない大衆操作の一環であり、大衆の「フリー・メーソンリー」への意識を軽いものにするのが目的である事がより、今回鮮明になりましたね。

マスメディアによると、全米ベストセラーランキング6週連続1位、発売二ヶ月で1000万部を突破したそうです。ま〜私も30分から1時間で読みますけどね。目次を見れば5分で大まかな内容は判るでしょう。

一応内容を紹介しると、舞台はワシントンD.C、つまり特別区、国の首都ですね。
そして、お決まりの「タイムリミット」がなぜか設定され、12時間で犯人にいいようにロバート・ラングドンが使いまくられる訳ですね。笑い^^!

【 ザ・ロスト・シンボル あらすじ 】

前々回の「天使と悪魔」ではハリスン・フォードばりの大活躍を演じ、前回の「ダ・ヴィンチ・コード」では、生きたキリストの聖杯(カリス、サングリアル)か象徴の聖杯かをめぐる事件後数年が経過し、いつもの通りハーヴァード大で教鞭を執る静かな生活を送っていたラングドンに、旧友から連絡が入る。

フリーメイソン最高位の資格を持つスミソニアン協会会長ピーター・ソロモンからで、急遽講演の代役を頼みたいという。会場である連邦議会議事堂に駆けつけるが、そこにピーターの姿はなく、切断された右手首が、薬指には見覚えのある金の指輪。

フリーメイソンの紋章をあしらったその指輪は、ピーターのものに間違いない。ピーターを人質に取ったというマラーク(悪霊)と名乗る謎の男は、ラングドンに“古の門”を探せと命じる。問題のピーターの右手の指先に施された独特の刺青が“古の門” の先にある“古の神秘”を指し示す図像であることにラングドンは気付く。

誘拐犯マラークの目的は、この恐るべき力を持つとされる“古の秘密”を手に入れることである。ラングドンは駆けつけたCIA警備局長サトウと共にまずは、“古の門”の捜索に乗り出すのだすといういつものパターンで事件は展開して行きます。

・・・ずばり、その“古の門”が判ったところで、フリー・メーソンリーとは全く関係ないですからね。実に下らない。

日本語公式サイト
http://www.danbrown.jp/thelostsymbol/

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!

<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。