Site map

天使と悪魔の解説 ストーリー

天使と悪魔 あらすじ

天使と悪魔のあらすじについて興味はありませんか。

もう暫らくすれば今年の5月にはダン・ブラウン原作の天使と悪魔が世界同時上映されます。
今日は、それに先立ち天使と悪魔のあらすじについて完全解説したいと思います。

但し、現状あくまで原作に基づいたものを紹介しますので、恐らくダ・ヴィンチ・コードの事もありますので、映画版のものとは異なる結果になります。

トム・ハンクス

【 天使と悪魔 あらすじ 】

或る日、セルンの科学者でもありカトリックの司祭でもあるレオナルド・ヴェトラが何者かに暗殺される。

そして、古代からの宗教・図形・紋章等に代表される象徴学の権威ロバート・ラングドンがいきなりアメリカからスイスのセルン研究所に強引に招待される。

それは所長のマクシミリアン・コーラーからのたっての或る謎解きの依頼のためであった。まもなく殺害されたヴェトラの娘ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけて来る。
アィエレット・ゾラー

3人は、レオナルド・ヴェトラの死体に施された焼き印と、ヴェトラが反物質の生成に成功していた事実と紛失した状況から、反物質による大惨事を予測し、歴史上すでに消えたはずのイルミナティーの存在を疑いながらもローマ・バチカンへと向かう。

物語は、表向きはローマ教皇の迫害を避け地下に潜っていたイルミナティーの怨念と復讐の可能性の演出し、つまり歴史上ありえた科学vs宗教の対決という様相を現代に復活させ、謎解きへと展開してゆく。

注意!実際には、イルミナティーの本質は科学者を代表・統べるという組織などではない。
所謂、フリー・メーソンリーの様な秘密結社であり、神への信仰を否定するものでhない。

天使と悪魔の解説

時同じくして、バチカンでは前教皇死去のため新ローマ教皇選出(コンクラーペ)選挙が開催されていた。ここで、到着したロバートとヴィットリアに応対した神の僕の前教皇侍従カルロ・ヴェントレスカ(カメルレンゴ)や、ヴァチカン市国・スイス衛兵隊隊長オリヴェッティ、そしていずれ現れる謎のアサシン(暗殺者)と役者は揃った。

天使と悪魔

見所は、ロバートとオリヴェッティとのバチカン内での激しいやりとりや、盗まれた反物質の奪還、拉致された教皇候補数名の殺人予告と死体に残るイルミナティーのアンビグラムと呼ばれる焼き印図形、影の様に現れ完璧な暗殺をこなして行くアサシン(暗殺者)との戦い、普段眼にする事のないバチカン建物内の教皇室や図書保管庫などの詳細、天使と悪魔の二面性という強烈な個性を持つ黒幕の出生の秘密など満載であり実に興味深い。

アサシン

そして、ラングドンはローマ市上空での考えられない奇跡のアクションの果てに、虚構と偽善と倒錯した宗教概念と血にまみれた事件の黒幕に迫ってゆく。果してラングドンとヴェトラは本性を現した悪魔の緻密な計画に打ち勝つ事が出来るのか・・・?

そして、無事教皇選出の結果を待つ民衆の眼に煙は立ち上るのか!?

ロバート・ラングドンは、ローマ上空で生き残れるのか?

映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

ダン・ブラウンはどこまで我々を楽しませてくれるのでしょうか。これからも彼の著述作品から目が離せません。最近は、フィリップ・マーロウの様にロバート・ラングドンが夢にまで現れる始末です。取り合えず最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事は天使と悪魔の解説のオリジナルによるものです。又お会いしましょう。

天使と悪魔の解説 ストーリー

天使と悪魔のあらすじ

天使と悪魔のあらすじに興味をお持ちでしょうか?
もう暫らく、5月にはダン・ブラウン原作の天使と悪魔が世界同時上映されます。今日は、それに先立ち天使と悪魔のあらすじについて完全解説したいと思います。

なぜか、ダン・ブラウンの描くサスペンス推理小説は、フィクションであるにも限らず劇中モチーフとして引用する団体や秘密結社がやたら話題になります。確かに宗教的な面やそれらのタブーを扱う関係上仕方ないとは思われますが。

まるで、あの「悪魔の詩」のように騒ぐカソリック団体もいます。
トム・ハンクス
尚、この記事の著作権は、天使と悪魔の解説!にありますので、記事の無断引用・転載はお断り致します。

         <<天使と悪魔 あらすじ>>

世界屈指の量子物理学の研究所内セルンの研究室から物語は始まります。
或る日、セルンの科学者でもありカトリックの司祭でもあるレオナルド・ヴェトラが何者かに暗殺される。

そして、古代からの宗教・図形・紋章等に代表される象徴学の権威ロバート・ラングドンが、いきなりアメリカからスイスのセルン研究所に、セルンの持つ超音速機を使い半ば強引に招待される。

それは所長のマクシミリアン・コーラーからのたっての或る謎解きの依頼のためであった。レオナルド・ヴェトラの死体に謎の文字が残されていたからである。まもなく殺害されたヴェトラの娘ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけて来る。
アィエレット・ゾラー

3人は、レオナルド・ヴェトラの死体に施された焼き印と、ヴェトラが反物質の生成に成功していた事実と紛失した状況から、反物質による大惨事を予測し、歴史上すでに消えたはずのイルミナティーの存在を疑いながらもローマ・バチカンへと向かう。

物語は、表向きはローマ教皇の迫害を避け地下に潜っていたイルミナティーの怨念と復讐の可能性の演出し、つまり歴史上ありえた科学vs宗教の対決という様相を現代に復活させ、謎解きへと展開してゆく。

(注意!実際には、イルミナティーの本質は科学者を代表・統べる組織ではないし、ガリレオとの接点もない)

天使と悪魔の解説
時同じくして、バチカンでは前教皇死去のため新ローマ教皇選出(コンクラーペ)選挙が開催されていた。

ここで、ローマに到着したロバートとヴィットリアを待ち受けていたのは、神の僕の前教皇侍従カルロ・ヴェントレスカ(カメルレンゴ)と、ヴァチカン市国・スイス衛兵隊隊長オリヴェッティらであった。事情を説明し、共に協力し事に当たるのだが、2人の前にはコンクラーペの次期教皇有力候補の枢機卿数名が誘拐されるという新たな事件が立ちはだかる。

ここに至って、殺害予告の謎のメッセージと共に、不気味にローマ市内に現れる謎のアサシン(暗殺者)と役者は揃った。

天使と悪魔
見所は、ロバートとオリヴェッティとのバチカン内での激しいやりとりや、盗まれた反物質の奪還、拉致された教皇候補数名の殺人予告と死体に残るイルミナティーのアンビグラムと呼ばれる焼き印図形、影の様に現れ完璧な暗殺をこなして行くアサシン(暗殺者)との戦い、普段眼にする事のないバチカン建物内の教皇室や図書保管庫などの詳細、天使と悪魔の二面性という強烈な個性を持つ黒幕の出生の秘密など満載であり実に興味深い。
アサシン
そして、ラングドンはローマ市上空での考えられない奇跡のアクションの果てに、虚構と偽善と倒錯した宗教概念と血にまみれた事件の黒幕に迫ってゆく。果してラングドンとヴェトラは本性を現した悪魔の緻密な計画に打ち勝つ事が出来るのか・・・?

そして、無事教皇選出の結果を待つ民衆の眼に煙は立ち上るのか!???

映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。この情報はお役にたちましたでしょうか?それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。