Site map

天使と悪魔の解説 登場人物

天使と悪魔 カメルレンゴ

天使と悪魔のカメルレンゴについて

元は共に神に使えていた者同士の天使と悪魔、相反すれども実は表裏一体の存在である者達。
この映画天使と悪魔の題名の元となるシームです。

一つだけ断っておきますが、映画版の彼は、犯行動機も最後も全く変っています。
はっきり云って原作で彼に感じたあまりに純で、カソリックの信仰以外のものを完全否定するガラスのハート、それ故に極端に振れてしまう彼の二面性という設定は全く映画では消えています。
つまり、原作での彼の魅力は映画では全くありません。


彼の最後も実にあじけないものとなってしまいました。

原作の主人公である人物、前教皇侍従カメルレンゴ(カルロ・ヴェントレスカ)こそ、その二面性を持つ映画のキーマンなのです。

物語の後半、何故カメルレンゴが、この悪魔の様な緻密な計画を立て且つ残虐な演出を試み前教皇に取って変ろうとしたのかが判明します。これ以上は秘密ですね!

【 天使と悪魔 カメルレンゴ 】

天使と悪魔

カメルレンゴ
ユアン・マクレガー

この作品を読むことによって、更に映画を見る事によってあなたの人生が変るかも知れませんよ。今年度是非ともあなたに観て頂きたい作品です。

映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

ダン・ブラウンはどこまで我々を楽しませてくれるのでしょうか。これからも彼の著述作品から目が離せません。最近は、フィリップ・マーロウの様にロバート・ラングドンが夢にまで現れる始末です。取り合えず最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事は天使と悪魔の解説のオリジナルによるものです。又お会いしましょう。

天使と悪魔の解説 登場人物

天使と悪魔 登場人物

天使と悪魔の主な登場人物について興味はおありでしょうか。

また、天使と悪魔についてご存知でしょうか?あのダ・ビンチ・コードの作者ダン・ブランの最高傑作の天使と悪魔がついに映画化が正式に決定いたしました。現在撮影も順調に進行しているようです。我がサイトでは放映公開に先立って天使と悪魔の概要を紹介しています。参考になれば幸いです。

◆初めにお断りしておきますが、原作と映画版のあらすじ、人物の背景・設定、登場人物、シームは、全くではありませんが微妙に異なっています。故に、以下は原作におけるものです。

【 天使と悪魔 登場人物 】

ロバート・ラングドン
ハーバード大学の教授 宗教象徴学専門
マクシミリアン・コーラー
セルン(欧州原子核研究機構)所長
レオナルド・ヴェトラ
セルンの科学者 カトリック司祭
ヴィットリア・ヴェトラ
セルンの科学者 レオナルド・ヴェトラの娘

因みに、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。ですから、当然ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか?このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです!お判り頂けましたでしょうか?如何ですか?

オリヴェッティ
ヴァチカン市国 スイス衛兵隊隊長
ロシェ
スイス衛兵隊少尉
カルロ・ヴェントレスカ (カメルレンゴ)
前教皇侍従(前教皇の息子であり試験管べィビー)
モルターティ
枢機卿 コンクラーベ(教皇選挙会)の進行役
ガンサー・グリック
BBC記者
チニ―タ・マクリ
BBCカメラマン

ダン・ブラウンはどこまで我々を楽しませてくれるのでしょうか。これからも彼の著述作品から目が離せません。最近は、フィリップ・マーロウの様にロバート・ラングドンが夢にまで現れる始末です。取り合えず最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事は天使と悪魔の解説のオリジナルによるものです。又お会いしましょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。