Site map

天使と悪魔の解説! > 天使と悪魔の解説 > 天使と悪魔のシームとは

天使と悪魔の解説

天使と悪魔のシームとは

映画版の「天使と悪魔」をご覧になった皆さんは果たしてどんな感想を持ったのだろうか。

ダン・ブラウンの熱烈なファンの多くは複雑な心境なのでは!?
つまり・・・この映画版のカメルレンゴの描き方に、原作を読んだ者なら「これは違う」と大きな違和感を持ったのではないのか!?

これは想像だがダン・ブラウンの2大原作「ダ・ヴィンチ・コード」と先に出た「天使と悪魔」とを比較した場合、大半のロバート・ラングドンとダン・ブラウンのファンは、「天使と悪魔」を評価というよりも感性的に好むだろう。

それは、ちょっととても大き過ぎて日本人には理解出来ない「ダ・ヴィンチ・コード」のシームよりも、タイトル同様カメルレンゴに「天使と悪魔」という2元論、つまり2面性を生じた理由に日本人が大好きな湿った「ヒューマニズム」に感応した読者が多いと思えるからだ。

結局、ダン・ブラウンが「天使と悪魔」で、何が主張したかったのかというシームは、映画化した事で、若干というよりも完全にぼやけた様な印象を受ける。

私は、原作における最大のシームを「人間の二面性」と捉えていただろうとファンや有識者の一部は見ている。表面上は私もそうなのだが、陰謀肯定論者の立場からいうと偽善的な子供騙しのお涙ちょうだい話としか例えようがない。

(元々、キリスト教を作ったのは、実はあちら側の連中である。
ダン・ブラウンなど所詮、まさに「二分化して統治せよ!」の流れの中の手駒の一つに過ぎないという訳である。
これは一般の読者には全く判らない話なのでここは飛ばして読んで頂きたい。)

さて、ではこの「人間の二面性」というシームを高く掲げると、どうも映画の中のマッケナ神父にはこのシームはちょっと大き過ぎる様な印象を受ける。

映画版では、単なる自己の欲望・願望の実現者(単なる悪人)という小さな人物に変身してしまっていたのは残念であった。

原作では、くどいようだが、このカメルレンゴ(Camerlengo)を通して、「宗教と人間」の関係、そして神に似せて創造されたはずの「人間の二面性」は、「神の矛盾をも根底に孕んでいるという暗示」を大きなメッセージとして主張していたはずなのだが、映画ではこのメッセージが消えてしまった訳である。

映画のラストシーンでは何となく仲良し子良しでうやむやで本来のダン・ブラウンのメッセージがオブラートに包まれ誤魔化したという印象を受ける。

恐らく、これは、世界のカソリック教徒に配慮したため、原作のシナリオ変更に踏み切った結果だと思われます。

              ☆☆☆☆ ☆☆☆

原作を読んだ感受性豊かな者達は、このカメルレンゴの「純粋で完全な善という神の威光を実現するために、自ずから悪魔に心を売った人間の苦悩とそこに至る心模様・・・」という部分に「人間の二面性」を見て人生の悲哀を感じたり共感していたはずである。

昔から、得てして良くある話なのだが、映画から観た人々には関係ないのだが、原作を読んでから映画を観た者達には、完全に別物の「天使と悪魔」である。

それに対して、良くしたり顔で、映画は原作と違うと騒ぐ人々が居る。
そんなことは、今回の映画化に関して、ダン・ブラウンは全て納得済みであり、彼が新たに作り直した様なものなので、別にどうでも良い話である。

結論として、ダン・ブラウンの「天使と悪魔」は、あらすじも登場人物もシームも微妙に異なる2つの作品が同時に存在している訳である。

故に「天使と悪魔」を語るのには映画と原作の2つを観て読んで完結すると云えるのかも知れない。

因みに、「神と科学の融合」だなんてラストシーンは、大衆向けの茶番である。
狙いは、「キリスト教の崩壊」だ。
(ここは、理解出来ない人々が多いと想いますので無視して下さい!)

お判り頂けただろうか。
最後まで読んでくれて有難う。グラッチェ!

ダン・ブラウンはどこまで我々を楽しませてくれるのでしょうか。これからも彼の著述作品から目が離せません。最近は、フィリップ・マーロウの様にロバート・ラングドンが夢にまで現れる始末です。取り合えず最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事は天使と悪魔の解説のオリジナルによるものです。又お会いしましょう。

<<天使と悪魔 映画と原作の違いの一考察 | 天使と悪魔の解説!トップへ | ダンブラウンの新作 インフェルノ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。