Site map

天使と悪魔の解説! > 天使と悪魔 基本解説  > 天使と悪魔 セルン

天使と悪魔 基本解説 

天使と悪魔 セルン

天使と悪魔に登場するセルン・CERNについて興味はおありでしょうか。
そろそろ天使と悪魔におけるセルン・CERNというキーワードで検索する方が増えてくるでしょうね。

セルン・CERNは、映画「天使と悪魔」の中での、根本的な概念相違の対決、つまり科学と宗教の対立という設定において、作中非常に重要なモチーフであり、或る意味現代科学の象徴的なポジションに置かれ、引き合いに出されているため、原作を読んだ読者の俄然注目の的となり読者の話題に昇っています。

西洋文明は、キリスト教というその成り立ちが非常に不透明な怪しい概念のものが根底にあるので、到底惑星の存在や生物の成り立ちと多様性を正確にあるがままに捉え実証してゆく科学という、曖昧さが許されない概念のものとは、当然相容れないという歴史・状況がありました。そこにダン・ブラウンは物語の格子を求めた訳です。

          <<CERN・セルンについて!>>
CERN・セルン(欧州原子核研究機構)とは、欧州各国が共同出資した世界最大規模の素粒子物理学の研究所であり、欧州スイスはジュネーヴの郊外にある。

主な研究課題は、素粒子物理学、原子核物理学、などの原子核の核構造と核反応を扱う分野と、超対称性粒子などの原子核の核構造と核反応理論と、理論から実験で実証を目的とする高エネルギー物理学などである。或る意味、同じ物理学でも、高予算が掛かる粒子加速器などを利用することが出来る花形の研究分野である。

"CERN" という呼称の由来は、研究所設立準備理事会(フランス語で、Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire)の頭文字をとったものであるが、研究所設立以後、別称として表現されることもあるが、一般的な呼称は CERN のままとなっている。

更に、セルンは、イギリス人のティモシー・ジョン・バーナーズ=リー(Sir Timothy John Berners-Lee)が、世界で始めて考案・発明したハイパーテキストシステムであるURL、HTML、HTTPなどのWorld Wide Web発祥の地としても知られる。因みに、ロバート・カイリューは後の共同開発者であり、最初の考案者はティモシー・ジョン・バーナーズ=リーである。(詳細は、World Wide Web Consortiumへ!)

現在のインターネット発展は、彼がこの技術を無償で公開したためである。彼の人類への貢献度を比肩出来る人物としては、ダイナマイトの発明者ノーベルか文字の発明者位であろう。

因みに、ティモシー・ジョン・バーナーズ=リーを紹介するwebサイトは多いが、最近ごく一部のサイトでは、名前の前にSirが付くようになった。彼は、今日現在、主にイギリスにおいて、OM、KBE、FRS、FREng、FRSAの受勲をしている。故に、現在日本でのインターネット関係の書籍やサイトでは、大半が表記を変更していないが、これからは彼の功績を称え正式には、バーナーズ=リー卿と云うべきであろう。

セルンに関しての詳細は、以下を参照して下さい!

<CERN - European Organization for Nuclear Research>
http://public.web.cern.ch/public/

<El mayor acelerador de partículas del mundo recreará el "Big Bang">

すでにNHKなどは、ノーベル物理学賞受賞者の松川教授の理論やビッグバーンや反物質の存在、素粒子などをシームに番組を作製し放送している。実にタイミングが良いことであります。笑い^^!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は、天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

<<天使と悪魔 ユアン・マクレガー | 天使と悪魔の解説!トップへ | イルミナティー 簡略概論>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。