Site map

天使と悪魔の解説! > 天使と悪魔の解説 > ダヴィンチコード 天使と悪魔

天使と悪魔の解説

ダヴィンチコード 天使と悪魔

ダ・ヴィンチ・コードと天使と悪魔という長編サスペンス推理小説についてご存知でしょうか?ダ・ヴィンチ・コードと天使と悪魔ともども、ダン・ブラウン原作のベストセラー作品です。非常に宗教的な内容を扱い、これまでキリスト教世界においてタブー視されていた問題にフォーカスを当てたためキリスト教徒、主にカソリックの信者たちから反発を受けるという一サスペンス推理小説が起こした影響では前代未聞であった。
似たケースではサルマン・ラシュディの「悪魔の詩」が当時のイラン最高指導者アヤトラ・ホメイニから糾弾された事件がある。

因みに、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。ですから、ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか?このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです!
    <ロバート・ラングドン役ートム・ハンクス>
トム・ハンクス
以下ダ・ヴィンチ・コードと天使と悪魔の参考データ!

★<天使と悪魔>
(ANGELS & DEMONS)
アメリカで2000年に出版
日本では、2003年出版(角川文庫)
2009年映画化
監督ロン・ハワード、主演トム・ハンクス、主演アイェレット・ゾラー

ロバート・ラングドン役ートム・ハンクス
ビットリア・ベトラ役ーアイェレット・ゾラー

<基本シーム>
「宗教と科学の対立」
「秘密結社イルミナティーの復活」
「人間の極限的な二面性」

★<ダ・ヴィンチ・コード>
(The Da Vinci Code)
アメリカで2003年に出版
日本では、2004年年出版(角川文庫)
2006年映画化
監督ロン・ハワード、主演トム・ハンクス、主演オドレイ・トトゥ

ロバート・ラングドン役ートム・ハンクス
ソフィー・ヌヴー役ーオドレイ・トトゥ

<基本シーム>
「宗教象徴学」
「秘密結社・秘密儀式の存在」
「イエスの血脈の可能性」
「マグダラのマリアの真実」

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供は天使と悪魔の解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!

<<ダン・ブラウンの真実の狙い 天使と悪魔の解説! | 天使と悪魔の解説!トップへ | 天使と悪魔 ジャパンプレミア>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。