Site map

天使と悪魔の解説! > 天使と悪魔の解説 > 天使と悪魔の映画化について

天使と悪魔の解説

天使と悪魔の映画化について

天使と悪魔の映画化について興味はおありでしょうか。

いよいよダン・ブラウン原作の天使と悪魔がダ・ビンチ・コードに続き映画化され日本にやってきます。待ち遠しい限りです。

先日の紹介記事でも書きましたが、天使と悪魔の前に数年前日本でも一大ブームにもなったダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔を読まなければ完結しません。

因みに、「ダ・ビンチ・コード」は、この「天使と悪魔」の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。

そして、ストーリー中出てくる組織や団体の多くは実在し、ダ・ビンチ・コードの方と天使と悪魔の方とは、一見関連性はない様に見受けられますが、実は両者に登場する組織や団体は、大きくみれば、実はダン・ブラウンの真のメッセージを読み解くためには必要不可欠なものであることが判ります。

ですから、当然ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか。このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです。

お判り頂けましたでしょうか?

天使と悪魔11.JPG


映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

ダン・ブラウンはどこまで我々を楽しませてくれるのでしょうか。これからも彼の著述作品から目が離せません。最近は、フィリップ・マーロウの様にロバート・ラングドンが夢にまで現れる始末です。取り合えず最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。この記事は天使と悪魔の解説のオリジナルによるものです。又お会いしましょう。

<<天使と悪魔の解説!の著作権 | 天使と悪魔の解説!トップへ | 天使と悪魔 アンビグラム 象徴図形>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。